【スーツの重さ】オーダースーツ アーク鷹匠店

DSC_0188

みなさん こんにちは!

鷹匠店 鈴木でございます^ ^

 

昨日のブログで”生地の重さ”について少しコメントいたしました。

ただ、その中で少し伝わりづらい箇所があったかと思いますので、

今回はその補足的なブログです。

【自腹で作って本当に良かった生地ランキング】オーダースーツ アーク鷹匠店

 

ブランドの生地サンプルを見ていると、

それぞれの生地にラベルが貼られています。

DSC_0188

上の段から順に

「品番」

「ブランドの中のシリーズ名」

「素材の割合」

「目付け(めつけ)」

「ブランド名」

となりますが、この中の”目付”(=重さ)についてです。

 

だいたい240~300g前後の表記が多いのですが、

この重さは「横150cm×縦100cmの生地の重さ」を表しています。

そしてスーツを上下で1着作る場合、

横150cm×縦300cm前後の生地が必要になりますので、

例えば目付240gの表記があった場合、

スーツ1着で720g程度の重さになります。(240g×3m)

thumbnail_IMG_5487

なので昨日ご紹介した目付360gの場合、

スーツ1着で1080g程度の重さです。(360g×3m)

かなり違いますよね

thumbnail_image1

もちろん端切れが出ますし、芯材や裏地が入ったりしますので、

この数字通りにはなりませんが目安まで…。

 

ラベル付きの生地をご覧になる場合にはこんな感じの重さになっております。

参考までに↓

夏生地で目付220~230g

春生地で目付240~260g

秋生地で目付270~290g

冬生地で目付300g~

(目付×3m=スーツ1着の大体の重さ)でざっくり計算できます。

 

そんなところで、また次回!

本格的に寒くなってきましたので体には気を付けて、

今週もがんばっていきましょう

コメントは利用できません。
アークへのお問い合わせ
採用情報
2017エスパルスオフィシャルスーツ好評販売中!2017エスパルスオフィシャルスーツ好評販売中!