「アークの評価」 オーダースーツ アーク草薙店

thumbnail_IMG_4430

みなさん こんにちは

草薙店 鈴木でございます^^

 

前回まで洋服の価格を決める3つの原価をご紹介してきました

「オーダースーツの価格を決める3つの原価 前編」オーダースーツ アーク草薙店

「オーダースーツの価格を決める3つの原価 後編」オーダースーツ アーク草薙店

 

 

今回はそこから見える”アークの評価”を書いていければな…と思います

オーダースーツの原価を決める3つの原価は、①生地代②縫製代③型紙代

の3つでしたが、アークではこのようになっていました。

 

①生地

低価格帯はポリエステル混の生地。それ以外は毛100%の生地。

②縫製(工程数)

全ての価格帯で180以上

③型紙

その方の体型や好みに合わせて数種類の型紙を使用。

(自社工場がある為、特殊な体型の方には1から型紙を起こせる)

 

 

 

①生地について

まずアークで取り扱っている生地ですが、他のスーツ店と変わらないはずです。

というのも、

このご時世、昔ほどたくさんの生地問屋がいなくなってしまった為、

どこの店も仕入れ先が同じようなところだから…

という繊維業界の悲しい内情があるからです 笑

なので、

「オーダースーツ店だから良い生地」「既製の店だから悪い生地」というのは無く、

「良くも悪くも価格通りの生地」ということになります。

ただ、色々な用途、予算に合わせられる「生地数を持っている店かどうか」

というのは安心して買い物できる店かどうかを決める要因の一つになると思います。

その点で「アークを見に行ってみる」というのは

「どこでスーツを作ろうか」という時、選択肢に上がりやすい…と思います。

ただ、1着1万5千円未満、1着20万円以上を期待する方には

100%お応えしづらいのがアークの現状でもあります。

thumbnail_IMG_5040

 

②縫製について

アークの180という工程数は多くも少なくもないベーシックな工程数ですが、

ここでのポイントは低価格帯でも高価格帯でも180以上の工程数で作っているというところです。

低価格帯の生地だからと言って150に減らすこともしませんし、

高価格帯の生地だからと言って300に増やすこともしません。

これによって「低価格帯の生地でもキレイに、高価格帯の生地でもお得に」

お届けすることができます。

シンプルに言えばコスパが良い、ですが、

「とにかく安くしたいから工程数150がいい」

「ブランド生地ならお金払ってでも工程数300にしたい」

という要望には応えられていません。

その方のご予算を加味し、クオリティの釣り合いがとれているところを

選んで頂けるようにしています。

thumbnail_IMG_5033

 

③型紙について

他の店の型紙を見たわけでもないので比べるのがかなり難しいのですが、

アークの型紙が適度に細身でスッキリなシルエットに向いている型紙であるのは間違いありません。

オーダーなので、ゆとり量を変えていくことで「ラクにゆったり」作ることもできますし、

既製品ほど元々の型紙の良し悪しに左右されないのがオーダーの強みとも言えます。

 

※その店の型紙が自分好みかどうかは採寸の際にゲージ服と呼ばれるサンプル品を着ていただけるので

雰囲気はつかめると思います。

※特にジャケットはどんな型紙を使っているかが出やすいところです。

「ショルダーライン→丸い肩先なのか、とがった肩先なのか」

「ウエスト位置→高い位置でくびれるか、低い位置でくびれるか」

thumbnail_IMG_5069

 

まとめ

生地・縫製・型紙、どの面でも言えることは、

「一般的なお客様にとって、とにかくベーシックな作り方をしているオーダースーツ」ということです。

ローエンドなスーツというわけでもないし、ハイエンドなスーツというわけでもない。

普段の仕事使いやちょっとした場にふさわしい、自分に合ったスーツやジャケットを着たい。

そんなご要望にお応えできるかと思います

 

そんなところで、また次回

コメントは利用できません。
アークへのお問い合わせ
採用情報
2017エスパルスオフィシャルスーツ好評販売中!2017エスパルスオフィシャルスーツ好評販売中!