スーツ上着のポケットフラップつきとナシの理由 徹底解説 《arc三郷店》

IMG_6407

平素は格別の引き立てを賜り、誠にありがとうございます。

こんにちは、三郷店のニホンギです。

 

あっという間に1/7になりました。皆様いかがお過ごしでしょうか?

本日は、松戸店と三郷店でお客様からご質問頂きましたスーツ上着のポケットフタありフタナシの違いについてです。

では早速

IMG_6426

正式には腰ポケットと呼びます。

雨蓋とも言い、字のごとく野外用として機能面でつくられ、雨や埃が入らぬようフタが付きます。野外ではフタを出すことが基本マナーです。

もともとイギリスの貴族が車のない時代に馬に乗っていました。現代では埃が入ることは滅多にありませんので 当時の名残りのデザインとも言えます。

しかし時代が違うと思いつつもパンツの裾をダブルにすると、いつの間にか埃が入っていることに気付きます。

IMG_6427

 

 

一方でフタナシは、両玉と片玉が存在します。

IMG_6428

 

 

夜の正礼装であるタキシードは室内着のため、元々フタは付いていません

今回は腰ポケットのフタがあるナシでどのように違うのか?

それは?

服の格式の違い着る場所と着る目的の違いでした。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

今後もお役立ち情報、お客様の知りたい情報を中心に簡潔にわかりやすく所見ではなく事実を発信していきます。三郷店のインスタもお時間ございましたら是非、よろしくお願いいたします。 クラシックとトレンドどちらもお気軽に三郷店へお待ちしています。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

アーク三郷店

〒341-0038

埼玉県三郷市中央3-46-14 シェルグレース1階

TEL:048-951-1803

年中無休

営業時間 10:00~19:00

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

コメントは利用できません。
アークへのお問い合わせ
採用情報