【黒を着るならこんな風に】オーダースーツ アーク鷹匠店

DSC_0211

みなさん こんにちは!

鷹匠店 鈴木でございます^ ^

 

今回は「黒」という色について、お話しできればと思います。

 

目次

  • 黒の役割

  • 黒の難しさ

  • 黒を着るならこんな風に

 

 

~”黒”の役割~

有名な話ですが、

海外では「黒のスーツ」は ほとんど着られていません。

タキシードのようなフォーマル用途以外、

特にビジネスでは着られない色です。

mofuku1_man

日本の場合はリクルートスーツをはじめ、

ビジネス用途にもたくさんの黒スーツが販売されています

もちろんアークでも販売しています。

販売しておいて言うのはズルいですが、スタイリングの観点から、

「黒」という色は”とても とても”難易度が高い色です。

 

 

~”黒”の難しさ~

海外の常識がすべて正しいわけではないと思います。

ただ、

黒には他の色にはない独特の難しさがあります。

特に色の相性に最も制約がかかります。

 

スーツのスタイリングはジャケットとパンツの2つだけで完成するわけではありません。

シャツ・ネクタイ・チーフ・靴・ベルト…

たくさんのアイテム同士の調和で出来上がっています。

 

そうなると、

「スタイリング全体の色数を2~3色に抑える」

「相性のいい色が多い色を使う」のが簡単です。

(↑例えば 白・グレー・茶・紺)

 

その中で”黒”という色は他の色とあまり相性が良くありません。

合う色は「白とグレー」が中心です。

fashion_modern_boy

ちなみに、

これは色だけでなく柄についても同じことが言えます。

「相性のいい柄が多い柄」というのがあります。

無地です。

積極的に無地のアイテムを選ぶことでスタイリングのレベルは格段に上がります。

クローゼットの中に無地のスーツがない…そんなことにならないように^ ^

10着あったら8着無地・2着ストライプ…くらいがオススメです。

 

 

~”黒”を着るなら、こんな風に~

”たくさんの色を使わないようにする”

”たくさんの柄を使わないようにする”

 

特に「黒」を着る場合はこれを強く意識します。

見られたい…目立ちたい…個性を出したい…

下心はそっと心にしまっておきます^ ^

服が目立つとその人の人柄が埋もれてしまうので もったいないです。

 

私が黒を着る時はこんな感じです↓

「黒の無地ジャケット+グレーの無地パンツ+グレーのストライプシャツ+濃グリーンのウールタイ」

1608800631033

ジャケット 37,000円

パンツ 10,000円

シャツ 10,000円

ネクタイ 私物

(全て税抜価格)

 

「千鳥のジャケット+黒の無地パンツ+白の無地シャツ+黒のニットタイ」

1605349470486

ジャケット 33,000円

パンツ 10,000円

シャツ 8,000円

ネクタイ 私物

(全て税抜価格)

 

黒を気軽に着るなら、ジャケットかパンツ、

どちらかにだけ黒を使うのもオススメです

 

そんなところで、また次回^ ^

《オーダースーツ アーク》

店休日:なし(年中無休)

営業時間:10~19時

予約:不要(ご来店順のご案内)

※年末年始も変わらず通常営業です。
コメントは利用できません。
アークへのお問い合わせ
採用情報
2017エスパルスオフィシャルスーツ好評販売中!2017エスパルスオフィシャルスーツ好評販売中!