【裏地の付け方】オーダースーツアーク高崎店

14CB982C-DF9E-401B-B9E5-3C92613C898E

 

こんにちは!アーク高崎店です。

 

 

年が明けてから早、一カ月…

 

 

あっというまに2月を迎えました!

 

 

春が目の前まで来ております

 

 

新生活を目前に控えスーツを新しく作りたいけど、仕上がりの時期を考えると今作るべき?秋冬生地、春夏生地どちらで作るべき?とお考えの方も多いことでしょう。

 

 

今回のブログはそんな方に参考にして頂ければと思います。

 

 

アークではスーツのデザインをお決めいただく際、ジャケットの裏地の付け方もお選びいただけます。

 

 

こちらのイラストにあるように背抜きと総裏の2種類を用意しております。

 

59BAC556-C1F7-4539-84CD-4E4FA640ECA4

 

 

 

 

背抜きは名前の通り背中部分だけ裏地が付いていません。背中だけ生地が一枚になるので、軽く通気性がある為、春夏向けのジャケットに多く見られます。

 

ED8BB65F-EC3D-4796-A673-823F1F7E9264

 

 

 

 

総裏は裏地が全体に付いているので暖かく保温性が高くなり、耐久性も増し、背抜きに比べるとしわになり辛いというメリットもあります。秋冬のジャケットにはこちらがおすすめです。

 

6B0749AC-838D-4773-B6D6-A3E65F537716

 

 

 

今の時期ですと、仕上がりは冬から春に変わる微妙な季節ですよね。

 

 

秋冬生地で総裏で作る方も多いですが、春夏生地で背抜きだと少し寒いような気がします。

 

 

 

そんなときは、秋冬生地で背抜きで作って頂くのもおすすめです!

 

 

 

 

裏地の付け方は背抜きと総裏の他にもあります。

 

 

 

半裏仕立て・・・背抜きと同様で裏地が背中部分だけ付いていないのですが、背抜きより裏地が付いている範囲が少ないです。脇下部分から裏地が抜かれている仕様になります。背抜きに比べ更に軽く通気性も高まります。盛夏仕立てと呼ばれることもあります。

 

 

アンコン仕立て・・・こちらはほぼ裏地が付いていない仕様になります。ただ裏地が付いていないという訳ではなく、ジャケットの見返し部分が裏地ではなく表地の範囲が広くなっています。なので大見返しと呼ばれたりもします。カジュアルな印象になり、リネンやコットン、カシミアなどの生地ですと素材感がより感じられるのでおすすめな仕様です。

 

 

※こちらの2つの仕様は生地によってお選び頂けるものもございますので、お気軽にスタッフまでお声掛けください。

 

 

 

裏地の色柄もお好みでお選び頂けます

 

C449EFA4-3EF7-41CF-B81B-3FDFCE78E5F4

 

 

 

スーツの裏地の付け方を工夫して、より着心地のいいスーツを作りましょう!

 

 

 

ではまた次回

 

 

 

 

コメントは利用できません。
アークへのお問い合わせ
採用情報
2017エスパルスオフィシャルスーツ好評販売中!2017エスパルスオフィシャルスーツ好評販売中!