【太めの衿】オーダースーツ アーク鷹匠店

DSC_0152

みなさん こんにちは^^

鷹匠店 鈴木でございます

 

早いもので3月頃からマスクをしはじめて9か月程経ちますね。

「自分の耳」VS「マスクの紐」もこれだけ長く続くと

だいぶ疲弊してきますね…

毎朝マスクの紐を1度 思いっきり伸ばしてから着用するのが日課になりました笑

 

習慣が変わることをこのコロナで学びましたが、

スーツも昔と今で色々なことが変わってきているように思います。

 

例えば”衿の幅”は分かりやすく変わったかもしれませんね

10年前くらいは6~7cm程の細い幅の衿もよく見かけましたが、

今はある程度太めの衿幅もよく見かけるようになりました。

 

ベーシックな衿幅8cm↓

DSC_0157

少し太めの衿幅9cm↓

DSC_0155

さらに太く、衿幅9.5cm↓

DSC_0153

 

寸法は3着ともほとんど同じですが、

衿を太くすると胸廻りのボリューム感が増し、

より男性的なシルエットに見えます。悪くないですね

最大10cmまで太くできます。

 

いつもは肩幅から逆算して衿幅を設定しているので

特にご希望をお伺いしているところではありませんが、

「太め!」「細め!」のご希望があればスタッフまでお申し付けください

 

昔は”ネクタイの幅”と”衿の幅”を合わせた方が良い…と

言われていましたが、今はそんなに気にしないでも大丈夫です。

 

ただ、

「衿幅7cmのジャケットに太いネクタイ(10cm)を合わせる」

「衿幅10cmのジャケットに細いネクタイ(7cm)を合わせる」など、

極端に異なる巾同士の組み合わせは避けた方がよいのかな…と思います。

 

0.5cmや1cmくらいの差であれば全然OKです

 

迷ったら遠慮なくご相談ください!

そんなところで、また次回。

コメントは利用できません。
アークへのお問い合わせ
採用情報
2017エスパルスオフィシャルスーツ好評販売中!2017エスパルスオフィシャルスーツ好評販売中!