「スーツのオプション解説」 オーダースーツ アーク草薙店

shopping_chumon_youshi

みなさん こんにちは^^

草薙店 鈴木でございます

 

 

シンプルなデザインのスーツもいいですが、

思い出深い1着を作る時、オプションを上手く活用することで

お気に入りのスーツが出来上がるかもしれません。

 

今回はスーツのオプションを一覧にしてご紹介していきます。

 

 

目次

  • ジャケットのオプション解説

  • パンツのオプション解説

  • ベストのオプション解説

 

 

 

 

【ジャケットのオプション解説】

  1. W仕立て+3,000円
  2. チェンジポケット+1,000円
  3. AMFステッチ+1,000円
  4. 本開き+2,000円
  5. 重ね釦+1,000円

 

【チェンジポケット・チェンジポケットスラント】

ジャケットの腰回りに付く一回り小さなポケットのこと。

”チェンジ”は”小銭”の意味なので、小銭や鍵、切符など小さなものを入れる為のポケットです。

(”スラント”は”斜め”の意味)

実際に小銭入れとして使う…というよりは伝統的な英国調スーツのデティールとして

現在に残っているものです。

”知ってる感”が出ます笑

r

 

【AMFステッチ】

”AMFは”American Machine & Foundry社”の略称ですが覚えなくて大丈夫です笑

アメリカの会社が作ったいい感じのミシンを使って衿周りを縫製します…というオプションです。

衿をキレイに見せたり、表生地と中の芯材をしっかり縫い合わせることができるので、

耐久性の面でも優秀なオプションです。

縫い跡が手縫いと似ているのも高級感が出るポイントですね。

 

【本開き】

通常、袖の釦は”あきみせ”という見せかけの釦になっていますが、

このオプションを付けることで実際に開けることができるようになります。

どのオプションにも共通していることですが、

”より手間をかけた(工程数を増やした)良いジャケットを”…という意味合いのオプションです。

thumbnail_IMG_5451

 

【パンツのオプション解説】

  1. アジャスター+3,000円
  2. シロセット加工+1,000円

 

 

【アジャスター】

パンツの両脇に5㎝ずつの可動範囲をもったアジャスターを付けます。

ウエスト90㎝でアジャスターを付けた場合、最小85㎝~最大95㎝まで、

ウエストサイズをその場で調整できるようになります。

礼服など、買い替える頻度が少ないものはあってもいいかもしれません^^

 

【シロセット】

パンツの真ん中に入るクリースライン(折り目)が消えづらくなる加工です。

これもデメリットが見当たらない優秀なオプションですが、

1度付けると次から付けないのが不安になる不思議なオプションです…

 

thumbnail_IMG_5448

 

【ベストのオプション解説】

  1. 衿付き+2,000円
  2. W仕立て+1,000円
  3. AMFステッチ+1,000円

 

衿付きとW仕立ては同時に使うこともできます。

シンプルなW仕立てのベスト↓

k

衿付きでW仕立てのベスト↓

thumbnail_IMG_4570

 

 

 

 

この他にできることもあるので、

ご要望の際はスタッフにご相談下さい

 

そんなところで、また次回

コメントは利用できません。
アークへのお問い合わせ
採用情報
2017エスパルスオフィシャルスーツ好評販売中!2017エスパルスオフィシャルスーツ好評販売中!