「オーダーする前に知っておきたい3つのスタイル」オーダースーツ アーク草薙店

5thumbnail_FullSizeR

みなさん こんにちは!

草薙店 鈴木でございます^^

 

 

オーダースーツを作るにあたって

「どこの店でオーダーするか」はとても重要です。

”オーダースーツ店を選ぶのは美容院や病院を選ぶのと似ています”

それぞれの店が、それぞれのスタイルで提案し、価格も納期もその店それぞれ…ということです。

 

知っておくと入店までのハードルが下がりますし、

より安心してオーダーできますので今後の参考にしてみて下さい

 

【目次】

  • その店はどのオーダー? 知っておきたい3つのスタイル

  • アークはどのスタイル?

 

 

その店はどのオーダー? 知っておきたい3つのスタイル

ここ数年オーダースーツの店はけっこう増えてきていますので、

まず、”その店がどんなスタイルのオーダーをしている店か”を知ることが重要です。

それだけで なんとなくその店の雰囲気もつかめますしね^^

ざっくりこんな感じです↓

 

①オーダー・メード

”オーダー・メード”は、”その人の体型や好みに合わせて、1からお客様の型紙を起こし、

何回かの仮縫いを経て仕立てられる服のこと”です。

イギリスでは「ビスポーク」と呼ばれるものですが、ほとんどが手縫いになり、

手縫いの箇所が多くなればなるほど値段が上がります。

最近ではミシンを多く使い着心地を左右する部分のみ手縫いを用いるケースも増えています。

標準的な価格は1着20万円以上、納期は2か月以上かかるものが多いです。

 

※ちなみに「フル・オーダー」という言葉もよく聞きますが、中身はオーダー・メードのことです。

※無いとは思いますが…「1着2万円!フルオーダー!」は怪しい店だな…ということになります笑

 

②イージー・オーダー

”イージー・オーダー”は、

”仕立てるお店の持つたくさんの型紙の中からお客様に合う型紙を選び、

そこから体型の補正等を行い身体に合わせて仕立てる方式で、既製服と注文服の中間的存在”です。

イタリアでは”ス・ミズーラ”と呼ばれるもので、機械縫いです。

標準的な価格は1着6万円程度、納期は1カ月程度のものが多いように感じます。

 

オーダー・メードと比べればデザインやサイズの自由度は下がりますが、

オーダー・メードの自由度が高すぎるだけで、

世の中の99%の人は困らないオーダースタイルです笑

 

※百貨店のオーダーはこれを採用しているところがほとんどです。

 

③パターン・オーダー

”パターン・オーダー”は、

”あらかじめパターン(型紙)を用意しておき、

その人のサイズ注文に合わせて服作りをするやり方”です。

 

言葉にするとイージーオーダーと似てはいますが 笑

実際にはサイズやデザイン面での自由度がけっこう違います。

「既製服メーカーのオーダー」がよく採用している方法です。

標準的な価格は1着3万円程度、納期は2週間程度のものが多いです。

 

出典:ファッション辞典(文化出版局)

52

 

アークはどのスタイル?

色々なオーダーの種類を紹介してきましたが、

一応、アークのブログなのでアークのことも書いていきたいと思います笑

アークは全店”イージー・オーダー”のスタイルです。

 

デザインやサイズの自由度が比較的高く、

「イージー・オーダーで2着39,800円」という価格設定はかなり珍しいと思います。

価格は28年前(創業)から変わっていませんので、物価を考えれば、

実質年々 さらにお得になってる気もします笑

 

パターン・オーダーを経験されているお客様の身体を測っていると大体、

「そんなとこも測るんだ!」と言われますし、

実際パターン・オーダーの店からアークに転職してきた人には、

「これはやったことなかった…」というところもけっこうあります。

 

洋服のサイズに悩みがある方は

ご相談に来ていただけると何かしらご提案できるかもしれません

43

そんなところで、また次回

コメントは利用できません。
アークへのお問い合わせ
採用情報
2017エスパルスオフィシャルスーツ好評販売中!2017エスパルスオフィシャルスーツ好評販売中!