Happy Wedding オーダースーツ可美店

IMG_0365

 

こんにちは!

 

オーダーアーク可美店の(´・ω・`)です。

 

ついこの間まで夏だったのに、目を閉じて開けたら冬になっていました←

 

時間が過ぎるのって本当に早いですね(遠い目)

 

 

 

 

 

そんな目を閉じて半分ぐらい目が開いてる時に友人の結婚式に行ってきました!(前半ちょっと何言ってるかわからないですね)

 

とっても素敵な式でした!

 

ガーデンセレモニーやバンドの生演奏もあって楽しかったです(^^)

 

 

結婚式って本当に素敵ですよね幸せな気持ちになりますよね

 

うんうん(´・ω・`)

 

そんな幸せあふれる友人が当店で結婚式用のスーツを作ってくれたんです!

 

(ってお話が今回のブログです!)

 

 

シルバーフロックlコート

 

※写真は友人ではありません(この説明は後ほど)

 

 

 

「フロックコート」というジャケットの丈の長いスーツです!

 

1920年代までは昼の正装であったらしいのですが

 

モーニングコートが昼の正装になったためなくなってしまったそうです(諸説あり)

 

なので最近結婚式で新郎が着ているフロックコートは1920年代の本来の形ものでなく

 

日本独自のアレンジしたものだそうです!(諸説あり)

 

 

 

 

(´・ω・`)の友人は

 

このフロックコートを作ってくれました!

 

とっっっっっっっっっっっっっっってもかっこよかったです

 

新婦が茶色が良いとの事で、茶色の生地で作ってくださったんですが

 

ドレスとの相性もぴったりで素敵でした!

 

いやー…本当に…!

 

かっこよかったんですよ!

 

ですが…

 

なんで…写真がないんですかね…。

 

おかしいなあ…(´・ω・`)

 

おかしいなあ…(´・ω・`)

 

おかしいなあ…(´・ω・`)

 

 

 

 

 

……。

 

白状します…(´・ω・`)

 

オーダースーツアークのフロックコートなのですが

 

結婚式が終わった後

 

普通のスーツとして着れるようにジャケットの丈を直すことができるんです

 

(´・ω・`)の友人も結婚式後普通のスーツの丈に直して友人の結婚式に参列するとのことで

 

気付いた時には普通のスーツになっていました

 

…(´・ω・`)←気付くのが遅すぎる

 

 

 

 

はい…ということで

 

オーダースーツアークでは普通のスーツだけではなくこんな風に結婚式用の特別なスーツも作ることができます!

 

一生に一度の大切な日に世界で1着のスーツはいかがでしょうか(^^)?

 

 

 

 

 

でわでわ最後に

 

結婚式にはたくさんのセレモニーがありますが

 

そのうちのベールダウン、ベールアップについてのお話をしようかな

 

(結婚式のセレモニーは意味がたくさんあるのでほんの一部のお話です)

 

 

新婦のベールを新婦の母がおろし最後の身支度をするベールダウン

 

実は他にも意味があって、

 

ベールダウンは、ベールの中に母として新婦への最後の“愛”をこめる儀式でもあります

 

 

そして新郎にとって、ベールアップをすることは、新婦の母がこめた愛を、今度は自分がそそいでいくという誓いの儀式なんです

 

 

 

 

結婚式参列する機会がありましたら

 

こんな意味があるセレモニーなんだなぁと良ければ思い出してください

 

普段とは少し違う結婚式になるかもしれません

 

 

 

 

 

まじめな話が全く似合わない(´・ω・`)にお付き合いありがとうございました

 

また次回のブログでお会いしましょう!

 

 

 

 

 

 

※フロックコートについて

 

特別なデザインのスーツなので、お渡しまでに約2~3か月頂いています ※工場の状況で変動する可能性があります

 

代金も選んでいただく生地やデザインによって変動しますので

 

もしもご興味を持っていただけた際はお近くの店舗へ足を運んでいただくか、お電話でのお問い合わせをお願い致します。

 

また、フロックコートの丈の直しに関しても別途料金がかかりますのでご了承ください。

 

 

コメントは利用できません。
アークへのお問い合わせ
採用情報
2017エスパルスオフィシャルスーツ好評販売中!2017エスパルスオフィシャルスーツ好評販売中!