衣替え! オーダースーツアーク沼津店

20170925_115036

こんにちは! アーク沼津店です。

早いもので9月もあと1週間になりました。

暑さもだいぶ和らぎ、衣替えの準備を始めておられる方もいるかと思います。

 

本日はスーツの衣替えについて書こうと思います。

スーツの生地は主に春夏物と秋冬物があります。

春夏用のスーツ生地は薄く、織り方は粗く、軽いものが使用され、

冬用は生地が厚く、織り方はきめ細かく、重いものが使われます。

 

「目付(めつけ)」と言われる生地1m当たりの重さによって使用される季節が変わってきます。

230g以下が春夏物スーツ

 

20170925_110001

 

260g以上が秋冬物のスーツ

 

IMG_0007

 

春夏物スーツに多く採用される背中の部分に裏地がない背抜き仕様

 

20170925_100843

 

背中の部分に裏地がある総裏仕様

 

20170925_101323

 

裏地があることで保温性が高まり、暖かく過ごせるので秋冬用スーツに多く採用されています。

 

最近では室内に冷暖房完備されているので、一概に春夏は背抜き、秋冬は総裏とは言えません。

 

このように、スーツも季節ごとに分かれています。使用の目的によって季節に合ったものを

選ぶと、より快適に過ごせるかと思います。

 

そして、毎日使用するスーツだからこそお手入れが必要になってきます。

・ポケットの中身を出す。

・ハンガーにかける。

・ブラッシングをする。

ぜひ以上の事を実践してみて下さい。

虫食いや型崩れを防止し、よりスーツを長持ちさせてくれるでしょう。

コメントは利用できません。
アークへのお問い合わせ
採用情報
2017エスパルスオフィシャルスーツ好評販売中!2017エスパルスオフィシャルスーツ好評販売中!