旬なタックパンツ オーダースーツ アーク春日井店

IMG_0337

 

こんにちは。そしてお久しぶりです。

アーク春日井店でございます。

今回は最近徐々にご注文を頂くことが増えてきているタック(プリーツ)入りパンツをご紹介したいと思います。

 

IMG_0327

 

こちらのパンツの腰回りに注目すると、タックが2本入っています。

 

IMG_0344

 

2タックのパンツですがノータックのパンツのようにすっきりとした印象ではないでしょうか?

タック入りでも従来の穿いていて楽なゆったりとしたシルエットのものではなく、タックをデザインとして楽しむという感じですね。

シルエットは裾口にかけて細くなるテーパードで腰回りにだけ少しゆとりを持たせています。

それでは、タック(プリーツ)にはどのような種類のものがあるかご紹介したいと思います。

 

IMG_0340

 

上の画像右のパンツから順に。

 

アウト1タック

タック入りパンツの最もスタンダードなデザインです。外向きのタックが1本入っています。

ノータック派の方が初めてタック入りパンツに挑戦するなら、まずはこちらのデザインがお勧めです。

 

IMG_0331 (1)

 

アウト2タック

外向きのタックが2本入っています。1タックよりも腰回りにゆとりがありクラシカルな印象になります。

 

IMG_0342

 

インタック

内向きのタックが入っています。画像のパンツはイン2タックになります。

インタックは英国発祥なのでブリティッシュ調がトレンドの今、見直されているデザインです。

タック~クリースのラインが曲線になるのも特徴の1つです。

 

IMG_0343

 

このようにタック入りパンツでもタックの本数や向きによって腰回りのゆとりや印象が変わります。

細みのノータックから気分を変えて腰回りに少しゆとりのあるタック入りパンツはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントは利用できません。
アークへのお問い合わせ
採用情報
2017エスパルスオフィシャルスーツ好評販売中!2017エスパルスオフィシャルスーツ好評販売中!