「アークのスーツの作り方」~第3弾~ オーダースーツアーク草薙店

1

みなさん こんにちは!

草薙店の鈴木でございます

 

 

 

 

 

最近、私服で「紺ブレ」を買いました。

仕事でジャケットは毎日着ているのにやっぱりいいもんですね

 

ゆったりなサイジング、忠実なディティール、

「メイドインUSA」という3割増しで良く見える魔法の言葉。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今回も長岡工場の紹介をさせて頂きます!

「メイドインNagaoka」もUSAに負けていませんよ^^

 

 

裁断~縫製と形作られてきたスーツは「プレス」の工程を迎えます

要は”アイロンがけ”なのですが、これがけっこう見た目を左右する大事な工程なのです

12

 

 

どのくらい見た目に影響するかというと・・・

こちらがクリーニング屋さんが普通にプレスしたジャケット。

IMG_3389

 

 

こちらが長岡工場でプレスしたジャケット。

IMG_3388

 

 

 

”衿周りの立体感”がこれだけ違います。

「クリーニング」と「工場」で目指すところが違うので、

どちらが良いとは言えませんが、単純に「かっこよさ」を目指すのであれば…というところ。

 

 

 

 

この工程は工場長  自らがやってくれました

工場でのプレスは衿、見頃、アーム、肩、…など色々なパーツごとに

専用のプレス機が用意されています。

17

 

プレスの力加減、蒸気の量、当てる時間、

これらは生地(素材)によって変わってくるところでもあります。

24

20

 

針や糸を使うわけではありませんが、

これも職人技。

8

 

7

 

 

 

 

そんなこんなで出来上がったスーツは

最後に検針機を通して最終チェック

安心して着ていただけます^^

6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで1着のスーツが出来上がってくるのですね

 

スーツを1から作っていくのには

裁断から縫製、プレス、検針と‥‥

全部で180以上の工程が必要です。

 

1ヵ月の納期を短いとは思いませんが、

これだけの工程を考えれば「長い」とは言えません。

(がんばって短くできるよう努力はしています…^^

 

 

ゆっくりじっくり待って頂いて

出来上がりを楽しみにお待ちいただければ嬉しいです

 

 

では、また次回。

コメントは利用できません。
アークへのお問い合わせ
採用情報
2017エスパルスオフィシャルスーツ好評販売中!2017エスパルスオフィシャルスーツ好評販売中!